性病治療薬の販売・購入について

性病かもしれない、性交相手が性病だった、昔なったことがあり再発してしまった。そんな時に持っておくと便利なのが性病治療薬です。病院以外ではどこで販売しているのか、どうやって購入すればいいのか、気になる情報をチェック!

性病治療薬の購入に迷っている男性

女性のカンジタ症は婦人科か性病科で受診を

女性のカンジタ症は婦人科か性病科の医師の診察を受けようカンジタは身のまわりに存在しているカビなので症状がなくても膣や外陰部などにも存在しています。
誰かから感染する訳ではなく、免疫が弱まったり、抗生物質を服用して体の均衡が崩れた場合などに症状が出ます。
カンジタはお風呂や便所、食器を介しては感染することはないです。

女性のカンジダ症は進行すると、ひどい炎症をおこしたり、なかなか快方へ向かうのに時間がかかることがあります。
またカンジダ症は風邪をひいたときや過度なストレスがかかったときなどにも症状が現れることがあります。

カンジダは膣内のグリコーゲンが増えると繁殖してしまいます。
排卵が済んで、また生理がくるまでの期間や、妊娠しているときや、ピルを服用しているときにも膣内のグリコーゲンが増えるためカンジダ症になりやすくなります。
出産する母体がカンジダ症だと胎児に産道感染してしまうことがあります。
産道感染してしまうと乳児の口の中にカンジダが蔓延する病気にかかってしまうことがあります。
もしくは乳児が先天性の皮膚カンジダ症にかかることがあります。

女性のカンジタ症は婦人科か性病科の医師の診察を受けることをお勧めします。
カンジタ症は性病ではありませんが陰部に症状が出ることが多いので、婦人科よりも性病科の方が専門的な診断を受けられる場合があります。
そのため、どちらかといえば婦人科より性病科の方がお勧めです。

男性の場合カンジダは亀頭包皮炎の原因菌になることがあります。
カンジダに感染すると亀頭から包皮にかけて赤みがかったり、痒くなったり、恥垢が増えたりする症状が出ます。

男性のカンジタ症は泌尿器科か性病科の医師の診察を受けることをお勧めします。

カンジダ症の治療には膣錠や膣坐薬を挿入する方法や、軟膏やクリームを塗る方法、経口錠を服用する方法などがあります。