性病治療薬の販売・購入について

性病かもしれない、性交相手が性病だった、昔なったことがあり再発してしまった。そんな時に持っておくと便利なのが性病治療薬です。病院以外ではどこで販売しているのか、どうやって購入すればいいのか、気になる情報をチェック!

性病治療薬の購入に迷っている男性

検査でわかっても変異性の高さが問題の性病について

性病のリスクを気にしながら生活をしなければならないのが現代社会の特徴とも言える状況になってしまいました。以前は性を用いた営業を行う業界の中でしかそれほど大きな問題として取り上げられることがなかったのが性病ですが、一般の人にもそのリスクが広まってきているという状況があるからです。そういった状況を生み出している原因がAIDSであり、AIDSの存在が明らかとなったことによって性病に対する懸念がより大きなものとなったといっても過言ではないでしょう。その恐ろしさの元凶となっているのは潜伏期間の長さであり、数年という単位で潜伏してから発症が始まるという特徴があります。一般的な性病の潜伏期間は数日から数週間といったものであり、比較的短期間で発症することから細菌やウイルスなどのキャリアを発見しやすく、感染拡大の防止が比較的容易でした。しかし、年単位で無症状のキャリアとなってしまうのがAIDSであり、その間に感染が拡大されていってしまう可能性が高いのです。感染しているかどうかを判断する検査は容易です。即日検査を行う医療機関もあり、保健所では無料検査も行われていることから疑念を抱いた場合には容易に検査を行ってもらうことができます。しかし、症状がない間に疑念を持つということも珍しく、気づかない間に感染を拡大させてしまい、数年後になってから症状が出てきて検査を受けることになるのが典型的です。原因となるHIVの変異性の高さもAIDSが問題となっている理由の一つです。変異性が高いことによって有効な治療薬の開発が難しく、有効性があっても変異性の高さから耐性ウイルスの発生が早いという問題を抱えています。こういった観点から根滅が難しく、性病が脅威として捉えられる原因となっているのです。